ダイヤモンドの4Cとは何か?

意外と知らない!?「ダイヤモンドの4C」ってなに?

「ダイヤモンドの4C」、一度は耳にしたことがある人はきっと多いのではないでしょうか。でも実際にはどんなものなのか、意外と知らない人が多いかも知れませんね。そこで今回は、ダイヤモンドの4Cについて簡単にご紹介してみたいと思います。
「ダイヤモンドの4C」とは、一言で言うと「ダイヤモンドを評価するための4つの評価項目」のことです。ダイヤモンドの4つの評価項目とは、「カット(Cut)」、「クラリティ(Clarity)」、「カラット(Carat)」、「カラー(Color)」の4つ。「4C」は、この4つの評価項目の頭文字「C」を意味しています。
それぞれを説明すると、「カット」はダイヤモンドのカッティングや研磨の技術を評価したもの。結婚指輪に多い「ラウンドブリリアントカット」などのデザインや表面の仕上げなど、主にカットした人間の技術についての評価をしています。

「4C」はダイヤモンドのグレードを決める、重要な要素!

2番目の「クラリティ」は、ダイヤモンドの透明度を評価する項目。「インクルージョン」と呼ばれるダイヤ内の不純物や傷などのチェックをします。インクルージョンの数によって、何と11段階にランク付けされます。
3番目の「カラット」はご存知の方も多いかも知れませんね。でも「ダイヤモンドの大きさ」だと思っていた人は間違い!これはダイヤモンドの「重さ」を表す項目なんです。国際的に「1カラット=200mg」と決められていて、ダイヤモンド以外の宝石でも用いられる単位ですので覚えておくと便利です。「カラット」は、昔宝石の重さを天秤で量るために用いられていた、イナゴマメという豆の重さが基準になっているそうです。
そして最後の「カラー」は、ダイヤモンドの色を評価する基準。天然のダイヤモンドは黄色みを帯びているものが多いので、色が無色透明に近いほど評価が高くなります。
いかがでしたか?ダイヤモンドはこの「4C」によって評価が決まり、グレード付けされるので覚えておくと良いと思います。ダイヤモンドの鑑定書に必ず書かれていますので、チェックしてみてくださいね!

© Copyright Diamonds Online. All Rights Reserved.